HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-10


F-9 F-11
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Douglas XF3D-1 Skyknight 試作機 3
Douglas F-10A Skyknight F3D-1 初期量産型 28
Douglas MF-10A Skyknight F3D-1M スパローIミサイルテスト機 12(CV)
Douglas F-10B Skyknight F3D-2 アビオ強化 237
Douglas EF-10B Skyknight F3D-2Q 電子戦機 35(CV)
Douglas MF-10B Skyknight F3D-2M スパローIミサイルテスト機 16(CV)
Douglas TF-10B Skyknight F3D-2T 練習機 55(CV)
Douglas F3D-3 Skyknight 後退翼バージョン 計画中止 0
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 F3Dは1945年に海軍の要求した夜間戦闘機計画で開発された機体で、そのずんぐりした体型から"Willie the Whale"とあだ名された。XF3D-1は1948年3月22日に初飛行、量産型F3D-1は1950年12月から就役を開始したが,主力となったのはアビオを強化したF3D-2で朝鮮戦争では主にB-29の夜間エスコートを担当した。1952年11月2日にYak-15を撃墜し、夜間戦闘で敵機を撃墜した最初の戦闘機となった。

 F3Dはあまり性能がよくなかったため艦上では運用されず、全て海兵隊に配属されて陸上基地から運用された。朝鮮戦争後はすぐに第一線から退き、海軍のテストセンターでミサイル、電子機器の実験、F-4A-4のノーズコーンを取り付けてレーダーの試験にも使用され、最後まで運用されたTF-10Bは1980年台前半に退役した。EF-10Bはベトナム戦争にも参加、老体に鞭打って1969年まで電子妨害任務をこなし1970年5月に現役を退いた。



F-10B 124598
National Museam of Naval Aviation
Pensacola,FL
TF-10B 124629
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

   
  EF-10B 125807
Combat Air Museum
Topeka,KS
F-10B 127074
Intrepid Sea, Air & Space Museum
New York, NY
 
 
 


Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.