HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-14


YF-12 F-15
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Grumman YF-14A Tomcat 試作機 12
Grumman F-14A Tomcat 初期量産型 545
Grumman F-14A(TARPS) Peeping Tom TARPS搭載偵察機 46(CV)
Grumman F-14A+ Super Tomcat F-14B(現在)に改称
Grumman F-14A++ Tomcat AにDのアビオを一部導入した機体 計画中止 0
Grumman F-14B(旧) Tomcat Aのエンジン強化型 開発中止 1(CV)
Grumman F-14B(現在) Super Tomcat AにDのエンジンを搭載した機体 38
32(CV)
Grumman F-14B(TARPS) Peeping Tom TARPS搭載偵察機 8(CV)
Grumman F-14C Tomcat B(旧)のアビオ強化型 計画中止 0
Grumman F-14D Super Tomcat Aのエンジン、アビオ強化型 37
Grumman F-14D(R) Super Tomcat AをDに改修した機体 18(CV)
Grumman F/A-14D Super Tomcat アビオ強化戦闘攻撃機 計画中止 0
Grumman F-14X Tomcat F-14Aの簡易型 計画中止 0
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 1960年代後半にソ連で相次いで就役した新型機に対抗するために開発された戦闘機で、高高度の爆撃機や高速戦闘機から海面すれすれのミサイルまで、アメリカ艦隊の脅威となりうるありとあらゆる飛行物体を撃墜することを目標としていた。当時開発中の艦上戦闘機は空海軍共用戦闘機F-111の海軍型F-111Bだったが、この機体の失敗を予想していたGrummanは独自に新型機の設計に着手しており、1968年5月にF-111Bの開発が正式に中止となるとそのAWG-9火器管制装置、AIM-54 Phenix空対空ミサイル、TF30 Tubofun Engineを流用しF-14を完成させた。この機体には高速能力/低速離着陸性能とベトナムの戦訓から高い機動性を要求されていたため飛行速度により自動的に角度が変わる可変後退(VG)翼が採用されたが、XF10FやF-111BでVG翼の経験を積んでいるGrummanはにはうってつけだった。また24個の目標から最も脅威となる6つの目標を抽出し、射程160kmのPhenix空対空ミサイルを6連射することができる火器管制システムが特徴である。無人標的機を利用した実験では6発中4発命中(1発は不発、1発は故障)という成績を残した。但し1発100万ドルもする非常に高価なミサイルのため実戦で使用されたことは殆ど無く、残念ながら敵機に命中したことも無い。

 初号機は1970年12月21日に初飛行し、最初の飛行隊が第1戦闘飛行隊VF-1 Wolf Pack及び第2戦闘飛行隊VF-2 Bounty Huntersで結成され1975年のFrequent Wind作戦でベトナム戦争に参戦した。このときは敵機との交戦は無かったが、1981年8月19日と1989年1月4日の第1次、第3次シドラ湾事件ではそれぞれリビア空軍のSu-22、MiG-23を2機撃墜し、湾岸戦争ではイラク軍機に徹底的に交戦を避けられるなど能力の高さを証明した。

 F-14Aの欠点はTF30エンジンの性能が不安定なことで、激しいスロットル操作でコンプレッサーストールを起こし、度々重大事故が発生した。海軍は67号機から新型エンジンに更新したものをB型、更にアビオを更新したものをC型としてアップグレードする予定であったが、F-14B(旧)は1973年9月12日に初飛行したものの、エンジンの完成に莫大な費用と時間がかかることから開発は中止となった。1990年2月9日にようやくエンジン、アビオを更新したD型が初飛行しその性能は劇的に向上したが、これも開発費高騰から新規生産は37機、A型からのコンバートも18機で中止、エンジンとアビオを若干更新したB型も38機(32機がA型からコンバート)にとどまった。

 1991年からの砂漠の嵐作戦では目視外交戦規定が厳しく、また航空管制により制空戦闘はF-15が優先されたため出番が無く、わずかにMi-28を1機撃墜したのみ、主任務は戦術偵察ポッドTARPSによる偵察ミッションとなり殆ど活躍できなかった。このため低い稼働率、運用コストの高さ、F/A-18の有用性も相まって退役も時間の問題となったが、この状況を打開すべく採用したAN/AAQ-25 LTS(F-15Eが搭載し地上攻撃に威力を発揮したLANTIRNの目標指示POD AN/AAQ-14の改良型)により2003年からのイラクの自由作戦ではLGBを、B/D型はJDAMをも運用可能となり、更にアビオがデジタル化されているD型は複座、高速、長い航続距離を生かして機上前線航空管制機FAC(A)としても高い能力を示し一転して活躍の場を得ることとなった。それでもやはり退勢を挽回するとはできず、2006年に後継機のF/A-18Fにその座を譲り退役、これにより世界の海を席巻してきたグラマン猫族はついにアメリカ海軍から絶滅、それに先立ちF-14以降の機体を生み出せなかったGrumman社も1994年にNorthrop社に合併されてしまった。

 開発の目的だった対ソ連艦隊防空戦闘は時代の変化により発生せず、自慢のAIM-54は実戦で一度も中らず、最後の活躍も戦闘機というよりは偵察機、攻撃機、管制機としてであり必ずしも当初の期待通りの働きができた、とは言い難かったが、それでもその魅力はいささかも衰えることは無く、退役した今もなおその美しい姿は多くの人々を魅了してやまない。F-14最終フライトを行った機体は生まれ故郷のニューヨーク州ロングアイランドに着陸しGrumman社時代の本社Bethpage工場に展示され、また最終組立を行ったCalverton工場跡地のグラマン記念公園やCradle航空博物館にも展示機があり、かつてこの地に栄えたGrumman社の往時を偲ばせている。

 非常に高価なため海外で同機に興味を示した国はほとんど無かったが、パフレヴィー朝ペルシア王国がオイルマネーに物を言わせ80機購入した。しかし79機が納入された時点で同国がイラン・イスラム革命により反米国家に転向すると、アメリカの支援が途絶え稼働率は激減したが現在はロシアの支援で回復しているらしい。そのうちの1機はPhenix付きでソ連に売却されたと見られている。アメリカ国内の展示機はイランへの部品流出防止のため、基本的にコクピット内艤装取り外されている。



F-14A-10-GR 157982
Cradle of Aviation Museum
Garden City, NY
YF-14A-20-GR 157984
National Museum of Naval Aviation
Pensacola,FL

YF-14A-50-GR 157990
March Field Air Museum
March AFB,CA
F-14A-65-GR 158623
Point Magu Missile Park
Point Hueneme, CA

     
  F-14A-70-GR 158978
USS Midway Museum
San Diego, CA
  F-14A-70-GR 158985
Yanks Air Museum
Chino,CA
 
   
    .. 
F-14A-80-GR 159432
Cradle of Aviation Museum
Garden City, NY
F-14A-85-GR 159631
San Diego Air & Space Center Gillespie Field Annex
El Cajon, CA

F-14A-90-GR 159829
Wings Over The Rockies Museum
Denver,CO

F-14A-90-GR 159830
Western Museum of Flight
Hawthorn,CA


F-14A-90-GR 159848
Tillamook Naval Air Station Museum
Tillamook,OR

F-14A-95-GR 160382
The Museum of Flight
Seattle,WA

F-14A-95-GR 160391
Texas Air Museum
Slaton, TX
F-14A-95-GR 160395
Air Zoo
Portage, MI


F-14A-95-GR 160403
American Airpower Heritage Museum
Midland, TX
リビア空軍Su-22撃墜(1981年シドラ湾事件)

F-14A-95-GR 160411
Empire State Aerosciences Museum
Glenville, NY


F-14A-100-GR 160666
Oakland Aviation Museum
Oakland, CA

F-14A-100-GR 160684
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ


F-14A-100-GR 160694
USS Lexington Museum on the Bay
Corpus Christi,TX
F-14A-105-GR 160889
Pacific Coast Air Museum
Santa Rosa,CA



F-14A-105-GR 160898
Palm Springs Air Museum
Palm Springs,CA
F-14A-105-GR 160899
Cradle of Aviation Museum
Garden City, NY



F-14A-105-GR 160902
Grumman Memorial Park
Carverton, NY
F-14A-105-GR 160903
Mid-America Air Museum
Liberal,KS


F-14A-110-GR 161134
Valiant Air Command Warbird Museum
Titusville, FL
F-14A-110-GR 161141
NAS Atsugi
Ayase,Kanagawa,Japan

F-14A-125-GR 161598
Tulsa Air & Space Museum
Tulsa, OK

F-14A-125-GR 161611 TARPS
USS Battleship Alabama Memorial Park
Mobile, AL



F-14A-125-GR 161615
Combat Air Museum
Topeka,KS
F-14A-125-GR 161623
Patuxent River Naval Air Museum
Patuxent River,MD


F-14A-135-GR 162592
Ronald Reagan Presidential Library
Simi Valley, CA
F-14A-140-GR 162989
USS Hornet Museum
Alameda, CA


F-14B 157986 (F-14A-30-GR)
Intrepid Sea, Air & Space Museum
New York, NY

F-14B 161426 (F-14A-120-GR)
Deland Naval Air station Museum
Deland, FL

F-14B-145-GR 162911
Estrella Warbird Museum
Paso Robles, CA
F-14C Cockpit Model
Cradle of Aviation Museum
Garden City, NY

F-14D(R) 159600 "Christine"
(F-14A-85-GR)
Veterans Memorial Air Park
Fort Worth, TX
F-14D(R) 159610
(F-14A-85-GR)
National Air & Space Museum
Steven F. Udvar-Hazy Center
Chantilly,VA
リビア空軍MiG-23撃墜(1989年シドラ湾事件)

F-14D(R) 159619
(F-14A-85-GR)
Florida Air Museum
Lakeland, FL
F-14D(R) 161159
(F-14A-110-GR)
National Museum of Naval Aviation
Pensacola,FL


F-14D(R) 161166
(F-14A-110-GR)
Carolinas Aviation Museum
Charlotte, NC
F-14D-165-GR 163897
Aerospace Museum of California
McClellan Park, CA

F-14D-165-GR 163902
Hickory Aviation Museum
Hickory, NC
The Last Cat Standing
Last F-14 Celemony Flight at September 22, 2006
F-14D-170-GR 164342
Wings Over Miami Air Museum
Miami, FL

F-14D-170-GR 164343
Evergreen Aviation & Space Museum
McMinnville,OR
F-14D-170-GR 164350
Joe Davies Heritage Airpark
Palmdale,CA


F-14D-170-GR 164601
Castle Air Museum
Atwater, CA

F-14D-170-GR 164603
Northrop Grumman Bethpage Plant
Bethpage, NY

The Last Cat Standing
Last F-14 Flight at October 4, 2006

F-14 Sim
Patuxent River Naval Air Museum
Patuxent River,MD



Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.