HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-105


F-104 F-106
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Republic YF-105A Thunderchief 試作機 エリアルール未適用 2
Republic YF-105B Thunderchief 試作機 4
Republic RF-105B Thundercheif 偵察機 不採用 JF-105Bに改造 0
Republic JF-105B Thunderchief 兵装試験、整備員教育用機体 3
Republic F-105B Thunderchief 初期量産型 71
Republic F-105C Thunderchief Bの複座練習機型 計画中止 0
Republic F-105D Thunderchief Bのアビオ、エンジン強化 全天候型 610
Republic F-105D Thunderchief T-STICK II  Dの攻撃精度向上型 30(CV)
Republic F-105E Thunderchief Dの複座型 計画中止 0
Republic F-105F Thunderchief Dの複座型 143
Republic F-105F Thunderchief Wild Weasel II 防空網制圧機 1(CV)
Republic F-105F Thunderchief Wild Weasel III レーダー警戒装置搭載   86(CV)
Repubric F-105F Thunderchief Combat Martin 敵要撃機管制妨害機 6(CV)
Republic F-105F Thunderchief Commandnail 全天候爆撃能力強化型 6(CV)
Republic F-105G Thunderchief F Wild Weasel IIIにECM PODを搭載 55(CV)
Republic F-105H Thunderchief Fのエンジン強化型 計画中止 0
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
F-95
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 F-84を代替する戦術攻撃機でCentury Series第5弾。当初は超音速核攻撃機として計画され、当時はまだ核爆弾が巨大だったため胴体に大きな爆弾倉を持っていた。YF-105Aは1955年10月22日に初飛行し、エリアルール未適用だったが音速を突破、エリアルールを取り入れたYF-105Bは1956年5月26日に初飛行しMach2を突破、初期量産型F-105Bは1958年8月からTACで部隊運用が始まり1959年12月11日には100kmの閉鎖コースで1216mphの世界速度記録を樹立した。しかし複雑な火器管制装置は故障続きで度重なる改修にも拘らず満足に稼動する機体は殆どなく、結局2個飛行隊で使用されただけで1964年には州航空隊へ払い下げられ、1981年まで使用された。実戦では使い物になりそうにないF-105Bは1963年5月に旧式化したF-100Cに代わり4代目Thunderbirds使用機となっが、1964年5月9日のショー中にクッラクが原因で空中分解し、僅か6回で使用は打ち切られてしまった。

 D型は総生産数833機のうち610機を占めた全天候攻撃機で、核爆弾にかわり12000ポンドの通常爆弾を搭載できるようになった。F-105Bからのトラブルは相変わらず続いていたが、1965年から始まるベトナム戦争のローリングサンダー作戦では北爆の主力として投入された。当初は超音速で飛べば敵に補足されることはない、と考えられていたが、北ベトナムの防空網がAAA、MiG、SAMの3段構えで急激にに進歩するにつれ単発機で電子妨害装置も搭載していなかったことから損害は増え続け、世界中の米軍から機体がかき集められ次々に投入された結果、実に292機が東南アジアの空に散っていった(更に50機が事故で失われた)。それでもクルーたちはこの過酷な任務を共に遂行した戦友を愛してやまず、爆装状態での鈍重さから自嘲気味につけられたニックネーム”Thud”(重いものが落ちるときのドスッという音)も、いつしか親しみを込めて呼ばれるようになった。Thudの名に似合わず空戦でも善戦し、25機のMiG-17を撃墜している。ベトナム戦争後半では徐々により高性能なF-4Dにその座を譲って空軍予備役にまわされ、1984年2月25日に退役した。

 武装も残した練習機として開発されたF-105Fは通常の攻撃任務にも使用されたが、複座機の利点を生かしF-100Fの跡を継いで143機中87機が防空網制圧機に改造され、1966年からベトナムに展開した。しかしステーション不足でECM PODや燃料タンクを搭載すると対レーダーミサイル(AGM-45,AGM-78)の搭載数が限られるため、更に55機がECM PODを胴体半埋め込み式にしたF-105Gに改造され1968年から投入された。これらのWild WeaselはFirst in, Last outをモットーにストライクパッケージの危険な先陣と殿を担当、敵防空網から友軍機を命がけで守ったが、それだけに代償も大きく、最終的にF/G型は51機が失われている(被撃墜39機、事故喪失12機)。ベトナム戦争後はF-4Gと交代して州航空隊へ移管され1983年5月25日に退役した。なおF/G型としては唯一F-105F 63-8320(後にF-105Gに改造)が2.5機のMiG-17を撃墜している。

 D/F/G型合計393機の損失を出したF-105にとってベトナムはまさに墓場だった。長く苦しい戦いを乗り越え、生きて祖国アメリカに帰り着くことができた機体は漸くその重責から解放され、今では全米各地の航空博物館にて静かに余生を過ごしている。その姿はまるで、遠い異国の地で志半ばに斃れていった多くの仲間達を弔っているかのようである。

F-105D-10-RE 60-0504



YF-105B-1-RE 54-0102
Dragon Wagon
USS Alabama Battleship Memorial Park
Mobile, AL
F-105B-5-RE 54-0104
Octave Chanute Aerospace Museum
Rantoul,IL

F-105B-20-RE 57-5803
March Field Air Museum
March AFB,CA
F-105B-20-RE 57-5837
Castle Air Museum
Atwater,CA


F-105B-20-RE 57-5839
South Dakota Air & Space Museum
Box Elder,SD

F-105D-5-RE 59-1739
Rum Runner/Bulldog1/Queen of the Fleet
American Airpower Heritage Museum
Midland, TX


F-105D-5-RE 59-1743
Hanoi Express/Lead Zeppelin/
Arkansas Traveler/Dran Dago

Hill Aerospace Museum
Hill AFB, UT

F-105D-6-RE 59-1771
Ohio Express
USAF Armament Museum
Eglin AFB,FL


F-105D-10-RE 60-0445
Entrophy Machine/Giddy-Up-Go/Spartan
National Air & Space Museum
Steven F. Udvar-Hazy Center
Chantilly,VA
F-105D-10-RE 60-0500
Historic Aviation Memorial Museum
Tyler, TX

F-105D-10-RE 60-0504
Memphis Belle II
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH
F-105D-10-RE 60-0508
Wings Over The Rockies Museum
Denver,CO



F-105D-10-RE 60-5385
Fireball Express
Veterans Memorial Air Park
Fort Worth, TX
F-105D-15-RE 61-0069
Strategic Air & Space Museum
Ashland, NE



F-105D-15-RE 61-0073
Air Power Park
Hampton, VA
F-105D-15-RE 61-0086
Yankee Dood It/Don't Tread On Me/Betty Lou
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-105D-15-RE 61-0088 Balls 88
Grissom Air Museum
Peru,IN
F-105D-15-RE 61-0106
Museum of Kansas National Guard
Topeka, KS

F-105D-20-RE 61-0107
National Museum of Nuclear Science & History
Albuquerque,NM
F-105D-20-RE 61-0146
Edwards AFB Century Circle
Edwards AFB,CA

F-105D-30-RE 62-4259
Cajun Queen

Museum of Aviation
Warner Robins AFB,GA
F-105D-31-RE 62-4346
Good Golly Miss Molly/Itazuke Express
Flontiers of Flight Museum
Dallas, TX


F-105D-31-RE 62-4353
Billie Fern / No Guts No Glory
Freedom Museum USA
Pampa, TX
F-105D-31-RE 62-4380
Iron Duke
Charles B. Hall Airpark
Midwest City, OK

F-105D-31-RE 62-4375
Old Crow II ?
Combat Air Museum
Topeka,KS
F-105D-31-RE 62-4383
March Field Air Museum
March AFB,CA

F-105F-1-RE 63-8261
Little Darlin
Jacksonville Museum of Military History
Jacksonville, AR
F-105F-1-RE Wildweasel III 63-8287
Miss Margo/Flak Magnet
Octave Chanute Aerospace Museum
Rantoul,IL

F-105F-1-RE 63-8331
Pacific Coast Air Museum
Santa Rosa,CA
F-105F-1-RE 63-8343
Goldfire II
Cavanaugh Flight Museum
Addison, TX

F-105G 62-4416
Little Stieve/Vegetable
(F-105F-1-RE,EF-105F)
Joe Davies Heritage Airpark
Palmdale,CA
F-105G 62-4427
Roman Knight
(F-105F-1-RE)
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-105G 62-4438
(F-105F-1-RE)
Museum of Aviation
Warner Robins AFB,GA
F-105G 62-4440 Zero
(F-105F-1-RE)
Hill Aerospace Museum
Hill AFB, UT


     
  F-105G 63-8266
White Lightning
(F-105F-1-RE)
Mid-America Air Museum
Liberal,KS
  F-105G 63-8274
The Great Specled Bird
(F-105F-1-RE)
The Glenn L. Martin Maryland Aviation Musem
Middle River, MD
 
   
     .
F-105G 63-8296
(F-105F-1-RE)
England Airpark
Alexandria, LA
F-105G 63-8320
Hanoi Hustler
(F-105F-1-RE)
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH

 F-105 Sim
Museum of Aviation
Warner Robins AFB,GA




Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.