HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-84


XF-83 XF-85
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Repubric XP-84 Thunderjet 試作機 3
Repubric YP-84A Thunderjet 増加試作機 15
Repubric F-84A Thunderjet 計画中止 0
Repubric F-84B Thunderjet 初期量産型 226
Repubric F-84C Thunderjet Bのエンジン強化型 191
Repubric F-84D Thunderjet Cの主翼、構造、各系統強化型 154
Repubric EF-84D Thunderjet Tip-Tow(翼端曳航)実験機 2(CV)
Repubric F-84E Thunderjet Dの胴体延長、エンジン、構造強化型 843
Repubric EF-84E Thunderjet 空中給油プローブ搭載 2(CV)
Repubric YF-84F Thunderstreek F-84Fの試作機 旧称YF-96A FICONに改造 1
Repubric YF-84F Thunderstreek 試作機 2
Repubric F-84F Thunderstreek F-84Eを後退翼化したもの 2711
Repubric YRF-84F Thunderflash 試作機 1
Repubric RF-84F Thunderflash 偵察機 715
Repubric F-84G Thunderjet Eのエンジン、アビオ強化型 3025
Repubric XF-84H Thnderscreech レシプロ・ジェット混合機 開発中止 2(CV)
Repubric YF-84J Thunderstreek Fのエンジン強化型 開発中止 2(CV)
Repubric RF-84K Thunderflash FICON(パラサイト)偵察機 25(CV)
Repubric F-84KX Thunderjet B型改造の海軍用無人標的機 80(CV)
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 F-84はアメリカ初のジェットエンジンGE-J35を搭載した機体で、XP-84は1946年2月26日に初飛行し、A~E、G型は1953年に生産終了するまで4450機が生産された。当時はジェット機技術が未熟でF-84も機体やエンジンのトラブルが多発したが、ジェット機拡充を急ぐ空軍は改良型を次々と繰り出しE、G型で漸く満足の行く性能が出るようになった。アメリカ軍だけでなくNATO諸国にも1936機が供給されている。F-84D,E,Gは朝鮮戦争に投入されたが後退翼のMiG-15には歯が立たず、専ら対地攻撃に使用された。

 F-84Dの1機はProject Tip-Tow(翼端曳航実験)においてETB-29と翼端を接続し航続距離を延長するテストを行ったが、空中衝突し実験中止となった。また朝鮮戦争時、日本から出撃するF-84Eの作戦行動時間の短さが問題となり、2機が翼端タンクに空中給油装置を取り付け空中給油実験を行った。この改修はアメリカ空軍で核兵器を搭載できる最初の機体となったF-84Gに盛り込まれて同機の航続距離延長に貢献し、世界各地への迅速な核攻撃が可能となった。

 YF-96Aは後にYF-84Fとなる機体で、F-84Eの胴体に後退角の主翼、水平尾翼を装備して1950年6月3日に初飛行し、1954年から戦術航空軍団(TAC:Tactical Air Command)に攻撃機として引渡しが始まった。Republicは2112機のF-84Fを製造したが、General Motersも599機を製造し、そのうち1301機はNATO諸国に供給された。また偵察機バージョンのRF-84Fは718機が製造され、そのうち316機が同盟諸国に供給された。RF-84Fは機首にレーダーを搭載したため、エアインテイクを主翼の付け根に移している。F-84Fは1950年代後半に徐々にF-100と交代してAir National Guardで使用されるようになったが、1960年代にはベルリン危機の際に一部がアメリカ空軍に呼び戻され、一時的に使用された。

 また1950年代初頭、アメリカ空軍はB-36の爆弾倉に戦闘機を搭載して運び戦闘領域で放出すれば敵領空深くでも戦闘機の護衛を得ながら爆撃任務を遂行できるため、爆撃精度と生存率の向上が見込まれるパラサイト戦闘機の研究を始めていたが、この計画にYF-84F(旧称YF-96A)とRF-84F(RF-84Kに改称)25機が選ばれた。機体はFICON(Fighter-Conveyor)に改造されてそれぞれ1953年3月30日、1954年11月に初飛行したが、戦闘機の航続距離延長を可能にする空中給油技術が進歩したことにより開発はキャンセルされた。その後RF-84Fの2機はProject Tom-Tom(長距離偵察実験)でRB-36Fと翼端接続を試みたが、実現は困難と判断され計画は中止された。

 XF-84Hは空軍と海軍が共同でF-84Fをベースに計画したレシプロ・ジェット混合機で、ジェット機の高速、航続距離とレシプロ機の低燃費、低速離着陸性能の獲得を目標としていた。ターボプロップエンジンにはAllison XF-40-A-1を搭載し、プロペラの強力なトルクを打ち消すためにT字垂直尾翼と三角形の背面フィンを採用している。1955年7月22日から1956年10月9日の間に2機のXF-84Hが12回のテスト飛行を行い、11回目の飛行ではエンジンから異音が発生し緊急着陸したが、この時異音により地上整備員が吐き気や頭痛を訴えたため、"Thunderscreech"という非公式ニックネームがついた。XF-84Hは単発プロペラ機としては最も速い機体であったが、結局音速を突破することはできず、性能不足と整備性の悪さから開発中止となった。



YP-84A-10-RE 45-59494
Octave Chanute Aerospace Museum
Rantoul,IL
F-84G Thunderbirdsに擬態
F-84C-2-RE 47-1433
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-84C-16-RE 47-1595
March Field Air Museum
March AFB,CA

F-84E-20-RE 50-1143
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH


YF-84F 49-2430 (YF-96A)
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH

F-84F-25-RE 51-1659
Combat Air Museum
Topeka,KS


F-84F-25-RE 51-1714
Strategic Air & Space Museum
Ashland,NE

F-84F-30-GK 51-9432
March Field Air Museum
March AFB,CA


F-84F-30-GK 51-9433
Castle Air Museum
Atwater,CA
F-84F-30-RE 51-1786
Virginia Air & Space Center
Hampton,VA

F-84F-35-GK 51-9456
Grissom Air Museum
Peru,IN
F-84F-35-GK 51-9495
USAF Armament Museum
Eglin AFB,FL


F-84F-35-RE 52-6475
Pacific Coast Air Museum
Santa Rosa,CA
F-84F-40-GK 51-9531
Octave Chanute Aerospace Museum
Rantoul,IL

F-84F-40-RE 52-6526
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH
F-84F-40-RE 52-6563
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-84F-45-RE 52-6701
Museum of Aviation
Warner Robins AFB,GA
F-84F-46-GK 52-8886
South Dakota Air & Space Museum
Box Elder,SD


RF-84F-15-RE 51-1944
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

XF-84H 51-17059
(F-84F-35-RE)
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH

   
  RF-84K-17-RE 52-7259
(RF-84F-20-RE)
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH
RF-84K 52-7266
(RF-84F-20-RE)
Wings Over The Rockies Museum
Denver,CO
 
 
 


Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.