HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-106


F-105 F-107
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Convair F-106A Deltadart 初期量産型 277
Convair TF-106A Deltadart F-106Bに改称 0
Convair F-106B Deltadart Aの複座型 63
Convair F-106C Deltadart Aのレーダー強化型 開発中止 0
Convair F-106D Deltadart Cの複座型 計画中止 0
Convair F-106E Deltadart Cのレーダー強化型 計画中止 0
Convair F-106F Deltadart Eの複座型 計画中止 0
Convair F-106X Deltadart レーダー、エンジン、空力改良型 計画中止 0
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 F-102を発展させた迎撃機でCentury Series第6弾。当初はF-102Aの完全版F-102Bとして開発されていたが、形状が大きく変更されたためF-106Aに改称された。F-102を空力的に洗練させ、強力なエンジンを搭載したF-106Aは1956年12月26日に初飛行したが、火器管制装置MA-1の開発は更に遅れ、機体に搭載されたのは1958年3月だった。計画の遅れと開発費高騰で調達機数は1000機以上の予定が340機まで減り、実用化を急いだためトラブルが多発し1959年の部隊就役後も絶え間なく改修を続けていった。それでもF-106はF-102で未完だった自動迎撃システムを完成させ、パイロットの操作無しで接敵、ミサイル発射、離脱、帰投が可能となり、まさにUltimet Intersepter(究極の迎撃機)となった。

 ICBMの発達によりソ連爆撃機が直接アメリカ本土を爆撃する可能性が減ったせいか迎撃専門の後継機が現れず、空軍では1987年7月1日まで、州航空隊では1988年8月1日まで30年近くの長きにわたって使用された。リタイヤした機体はデイビスモンサンで保管されていたが、1987年7月から194機が無人標的機QF-106A/Bに改造され、1998年1月28日に最後の機体が撃墜されて完全に活動を終了した。

F-106A-80-CO 57-2470



F-106A-70-CO 57-2456
Castle Air Museum
Atwater,CA
F-106A-100-CO 58-0787
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH

F-106A-105-CO 59-0003
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

QF-106A-110-CO 59-0043
Pima Air & Space Museum AMARG TOUR
Davis Monthan AFB,AZ


 
  F-106A-120-CO 59-0086
Pacific Coast Air Museum
Santa Rosa,CA

F-106B-31-CO 57-2513
Yanks Air Museum
Chino,CA
 
 
  NF-106B NASA816
(F-106B-31-CO 57-2516)
Virginia Air & Space Center
Hampton,VA

F-106B-75-CO 59-0158
Edwards AFB Century Circle
Edwards AFB,CA

 
F-106 Sim
South Dakota Air & Space Museum
Box Elder,SD



Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.