HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-9


F-8 F-10
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
Grumman XF9F-1 夜間戦闘機 計画中止 0
Grumman XF9F-2 Panther 試作機 イギリス製J42エンジン搭載 2
Grumman F9F-2 Panther 初期量産型 564
Grumman F9F-2B Panther 攻撃機 ?(CV)
Grumman F9F-2D Panther 無人標的管制機 ?(CV)
Grumman F9F-2KD Panther 無人標的管制機 ?(CV)
Grumman F9F-2P Panther 偵察機 ?(CV)
Grumman XF9F-3 Panther 試作機 国産J33エンジン搭載 1
Grumman F9F-3 Panther 初期量産型 54
Grumman XF9F-4 Panther 試作機 1(CV)
Grumman F9F-4 Panther 攻撃機 J33エンジン搭載、搭載燃料増加 109
Grumman XF9F-5 Panther 試作機 1(CV)
Grumman F9F-5 Panther 攻撃機 J48エンジン搭載、搭載燃料増加 616
Grumman F9F-5P Panther 偵察機 36
Grumman DF-9E Panther F9F-5KD 無人標的管制機 ?(CV)
Grumman XF9F-6 Couger 試作機 後退翼装備 3
Grumman F-9F Couger F9F-6 初期量産型 J48エンジン搭載 696
Grumman DF-9F Couger F9F-6D 無人標的管制機 ?(CV)
Grumman QF-9F Couger F9F-6K 無人標的機 ?(CV)
Grumman QF-9G Couger F9F-6K2 無人標的機 ?(CV)
Grumman F9F-6P Couger 偵察機 60
Grumman F9F-6PD Couger 無人標的管制機 ?(CV)
Grumman F-9H Couger F9F-7 初期量産型 国産J33エンジン搭載 118
Grumman F-9J Couger F9F-8 胴体、主翼改良型 601
Grumman YF9F-8B Couger 偵察機 ?(CV)
Grumman AF-9J Couger F9F-8B 核攻撃機 ?(CV)
Grumman RF-9J Couger F9F-8P 偵察機 110
Grumman YTF-9J Couger YF9F-8T 試作機 1
Grumman TF-9J Couger 練習機 399
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 Grummanは1943年からジェット機の研究を開始したもののレシプロ機の生産に追われ実機製造までにはいたらなかった。1946年に Douglas XF3D(F-10)のバックアップとして契約した夜間戦闘機G-75(XF9F-1)はXF3Dより遥かに鈍重になることからすぐにキャンセルされそうになったが、GrummanはG-75とは全く異なる単座昼間戦闘機G-79を提案し、これをXF9F-2として契約を続行することに成功した。XF9F-2は1947年11月に初飛行し、F9F-2/3、F9F-4/5と改良されながら朝鮮戦争に投入されて攻撃/偵察に活躍し、1950年11月9日にはMiG-15を撃墜して米海軍初のジェット機撃墜を記録した。

 海軍はXF9F-2契約時に1機を後退翼として開発するよう希望していたが、Grummanが低速飛行性能悪化を理由に渋ったため後退翼F9F計画はそのまま延期されていた。しかし朝鮮戦争にMiG-15が登場するとPantherでは太刀打ちできないことから計画は再開され、1951年9月20日に初飛行したXF9F-6は動翼の改良が功を奏し、後退翼にもかかわらず安定した飛行特性を示して1952年11月から就役を開始したが朝鮮戦争には間に合わなかった。1954年1月18日に初飛行したXF9F-8では空力を改善し速度、航続距離を強化したものでF9Fで初めてダイブ中に音速を突破した機体となった。Cougerは操縦性能や空母での整備性、頑丈さからクルーに人気があったが、超音速機の登場で急速に旧式化し1960年までには殆どが予備役にまわされ1960年中旬まで使用された。一方複座練習機のTF-9Jは兵装を残していたことから攻撃訓練も可能な練習機として重宝され、ベトナム戦争では前線航空管制にも使用され1972年2月に退役した。



XF9F-2 1/5風洞実験モデル
Patuxent River Naval Air Museum
Patuxent River,MD
F9F-4 125183
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F9F-5 126226
Combat Air Museum
Topeka,KS

F-9F 128109
National Museam of Naval Aviation
Pensacola,FL


F-9J 131232
The Museum of Flight
Seattle,WA

F-9J 141121
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ




F-9J 144276
Patuxent River Naval Air Museum
Patuxent River,MD
RF-9J 144426
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ


   
  TF-9J 147276
USS Lexington Museum on the Bay
Corpus Christi,TX

TF-9J 147397
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ
 



Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.