HomeAircraftAircrafts IndexFighter > F-101


F-100 F-102
Index
Manufucturer Designation Name Remarks No./B
McDonnell YF-101A Voodoo 試作機 29
McDonnell F-101A Voodoo 攻撃機 48
McDonnell NF-101A Voodoo J79エンジンのテストベッド 1(CV)
McDonnell YRF-101A Voodoo 試作機 2
McDonnell RF-101A Voodoo 偵察機 35
McDonnell YF-101B Voodoo 試作機 1
McDonnell F-101B Voodoo 迎撃機 479
McDonnell TF-101B Voodoo Bの練習機 10(CV)
McDonnell RF-101B Voodoo Bの偵察機型 23(CV)
McDonnell F-101C Voodoo Aの主翼を強化した低高度攻撃機 47
McDonnell RF-101C Voodoo Cの偵察機型 166
McDonnell F-101F Voodoo Bのアビオ強化、後席操縦装置追加 72(CV)
McDonnell TF-101F Voodoo Fの練習機 ?(CV)
McDonnell RF-101G Voodoo A改造の偵察機 29(CV)
McDonnell RF-101H Voodoo C改造の偵察機 32(CV)
戦闘機
Fighter
P-59
XP-79
F-80
XP-81
F-82
XP-83
F-84
XF-85
F-86
XF-87
XF-88
F-89
XF-90
XF-91
XF-92
YF-93
F-94
YF-96
XF-98
XF-99
F-100
F-101
F-102
XF-103
F-104
F-105
F-106
F-107
XF-108
F-109
F-110
F-111
F-117
F-1
F-2
F-3
F-4
F-5
F-6
YF-7
F-8
F-9
F-10
F-11
YF-12
F-14
F-15
F-16
YF-17
F/A-18
F-20
F-21
F-22
YF-23
F-35


 戦略航空軍団(SAC)の爆撃機護衛戦闘機として開発された機体でCentury Series第2弾。第2次大戦後SACは爆撃機を護衛する長距離侵攻戦闘機を必要としており、XF-88,F-90,F-93が製作されこの中ではXF-88がもっとも有望と見られたが、朝鮮戦争の勃発で既存機の増産が最優先されたことからいずれも採用には至らなかった。同戦争でB-29がMiG-15に悩まされたことから空軍は1951年2月にB-36を護衛する戦闘機を要求、これにMcDonnellの提案したXF-88の改良型が採用され、11月30日にF-101と命名された。

 空軍ができるだけ早い就役を望んだため通常の試作段階を飛ばしていきなり全規模開発機の生産が始まったが、朝鮮戦争が終結するとその必要がなくなり低空侵攻核攻撃能力を備えるように設計変更を要求し量産型の生産を凍結した。初号機は1954年9月29日に初飛行し音速を突破したが、SACはF-101の航続距離では爆撃機を護衛できないと考えすっかり興味を失い、F-101の命運も尽きたかに思われた。しかしTACが戦術核攻撃機としての価値を見出し10月28日に量産型の生産を許可を出したが、予告なしに突然ピッチアップに陥る悪癖によりパイロットが死亡、1956年5月に再び製造停止となった。その後操縦系統に様々な制限を加えて危険領域に踏み込めないよう改造することで再度生産は再開され、1957年に漸く部隊配備を開始した。

 A型は機体構造に起因する劣悪な機動性と機体強度不足のためすぐ構造、エンジン、アビオ等を強化したF-101Cの生産に移行したが、まもなくTACが低空侵攻核攻撃の方針を転換したため47機で生産は打ち切られ、F-4Cの充足に伴い余剰となると偵察機G/Hに改造され州航空隊へ配備された。一方偵察機RF-101A/CはRF-84Fの老朽化のために重宝されキューバ危機に投入、その後ベトナム戦争にも参戦、単機、非武装、恐れずを合言葉に偵察任務を遂行したが、夜間偵察ができないことや電子妨害装置を搭載すると増槽を搭載できないなど性能に限界があり、RF-4Cにその座を譲って1971年に州航空隊へ移管され、1976年に退役した。

 当時防空軍団は旧式化したF-89の後継機としてF-102B(F-106A)に期待していたが、F-102Bは遅延しそのつなぎのF-102Aも遅れ気味だったため、その間のGAPを埋めるために1954年6月F-101Bの採用が決定した。1957年3月27日に初飛行、空対空核ミサイルを装備して防空任務に就き、のちにアビオを近代化して後席に操縦装置を追加したF-101Fも開発されるが運用コストの高さから1971年には第一線から姿を消し、1983年には州航空隊からも退役した。



F-101B-55-MC 56-0250
USAF Armament Museum
Eglin AFB,FL
F-101B-70-MC 56-0273
Octave Chanute Aerospace Museum
Rantoul,IL

F-101B-85-MC 57-0282
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-101B-100-MC 57-0410
Combat Air Museum
Topeka,KS


F-101B-100-MC 57-0412
Castle Air Museum
Atwater,CA
F-101B-105-MC 58-0271
Wings Over The Rockies Museum
Denver,CO



F-101B-110-MC 58-0321
Grissom Air Museum
Peru,IN

F-101B-110-MC 58-0325
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH




F-101B-115-MC 59-0418
March Field Air Museum
March AFB,CA
F-101B-115-MC 59-0426
South Dakota Air & Space Museum
Box Elder,SD


F-101B-120-MC 59-0462
Strategic Air & Space Museum
Ashland,NE
RF-101C-40-MC 56-0166
National Museum of the United States Air Force
Wright Patterson AFB,OH


RF-101C-55-MC 56-0214
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ

F-101F-111-MC 58-0324
Joe Davies Heritage Airpark
Palmdale,CA

   
  RF-101H-50-MC 56-0011
Pima Air & Space Museum
Tucson,AZ
 
 
 


Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.