HomeCostume > 甲冑/装束 > 狩衣 (紺小葵地金茶鳳凰紋)
 
 
 
 
 
    狩衣 (紺小葵地金茶鳳凰紋)    
    武官束帯 水干    
 
Costume
甲冑/装束
大鎧シミュレーター
大鎧名所
List
甲冑/装束
赤糸威鎧
小桜韋威鎧
紺糸裾濃縅鎧
藍地紅九十九折
組糸威肩紅腹巻
本多忠勝
当世具足写
武官束帯
狩衣
  水干
直垂
和式馬具
武具
 
   
   
   
 絵柄は紺小葵地金茶鳳凰紋です。もともとは紫地でしたが、指貫の紫とかぶるので紺地に変更して頂きました。
   
 
 
   
   
   
   
 狩衣上腹巻 鎮守府代将軍北畠顕家



 鎮守府代将軍北畠顕家卿。狩衣の上に腹巻を着ている。右手には蝙蝠、腰に佩くのは蒔絵野劒。顕家卿ならいつでも馬に乗る準備ができているはず、ということで物射沓を履く。


 乗馬姿。立烏帽子は本来髻に結ぶが現代人は被るだけ。密着しているので時速40㎞で駈けても脱げないが、押捩で後ろを向くと風圧で飛んで行ってしまうので注意。





 狩衣 押折 乗馬


垂らしたままだと乱れる

宛帯に挟むと乱れない

 通常狩衣の裾は足元まで垂らすが、そのまま騎乗し乗馬を行うと風で乱れ見苦しい。太刀にも巻き付くこともある。

 これを防止するために裾を畳んで引き上げ宛帯の左腰に挟む。これを「押折」と呼ぶ。押折にすれば騎乗しても裾が乱れることはない。

 凶事の場合は右腰に挟む。





 狩衣下腹巻 源頼光


 鵺を退治する源頼光。狩衣の下に腹巻を着ている。腹巻は正面からは殆ど見えない。脇から見える。



 狩衣下腹巻 平家貞


 平家物語 「殿上闇討」より
 武士ながら鳥羽上皇の信任厚く、内裏清涼殿殿上の間への昇殿を許された平忠盛を、彼の出世を妬む公家達が豊明節会にて闇討ちを企てる。これを察知した郎党 平家貞は狩衣の下に腹巻を着て殿上の庭先に控え、これを未然に防いだ。



 伴大納言絵巻の廷尉


伴大納言絵巻の廷尉。

応天門放火容疑者大納言伴善男捕縛に向かう検非違使一行。悪党面の放免を率いる廷尉は襟をはだける。矢は白羽ではない。弦巻二つ。服装は規定があるのだろうか。

平安時代初期、腰に佩くは毛抜形太刀。鉄の柄、握れば嘸かし手が痛いだろう。



 平治物語の廷尉 源資経


平治物語絵巻の廷尉 源資経

出雲前司光保から信西の首を受け取る源資経率いる検非違使一行。

腰に負う矢は白い羽。

廷尉は検非違使佐/尉の唐名、佐も尉も廷尉ならば資経はどちらだろうか?

毛皮馬上沓をレッグウォーマーで頑張って再現するも左足は指貫で隠れ殆ど見えず…



 狩衣お月見乗馬



狩衣お月見乗馬。
馬には夜目があるから暗くても大丈夫。


  Twitter
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

   
  着用

   
   
  桜の下 平城京跡  
   
   
  宇治 仁和寺  

   
       
   
  流鏑馬

   
   
  四方固めの儀 騎射  
 
 
   2008年、2009年の米之宮浅間神社奉納馬弓神事に参加した際の写真です。  

   
   
   
   
  狩衣 (かりぎぬ)

   
   紺小葵地金茶鳳凰紋です。紺地に金茶の鳳凰がよく映えています。この鳳凰の目、笑っているように見えますが…  
   

   
       
   
  指貫 (さしぬき)

   
   八藤丸文様の引き上げ式指貫です。本来は下括り、上括りですが、見た目は変わらない以上、引き上げ式のほうがはるかに便利ですお勧めです。  
   

   
       
   
  平安朝式高烏帽子 (へいあんちょうしきたかえぼし)

   
   本来小結で髻に固定しますが、現代人に髻は無いので、大きさを調整する紐できつめにセットして被ります。  
   

   
       
   
  蝙蝠 (かわほり)

   
   蝙蝠です。扇子に比べて骨が5本と少ないせいか扇ぎ難いです。  
   

   
       
   
  浅沓 (あさぐつ)

   
   木製の沓です。硬すぎるので、これで長時間歩くのは辛いです。  
   

   
       
   
  蒔絵野劒 (まきえのだち)

   
   兵仗の劒の一つで、鞘に鳥の蒔絵が施された太刀です。殿上人が狩衣の時はこの太刀を佩きます。  
   

   
   
   
   
 
 
  Copyright(c) 2005 Dazaishouni All Rights Reserved.